歯の不調には歯科の受診が大事|セカンドオピニオンにも対応

歯医者

個人に合った治療プラン

歯科

豊中の歯医者では、歯の治療を行なう前に医師とのカウンセリングを行ないます。医師の診断に加えて、患者本人が感じている症状を照らし合わせて、治療プランを考えていきます。

もっと詳しく

細菌感染のリスク軽減

歯

熊本の歯科で、インプラント治療を行なう時には大事なポイントがあります。一つは歯周病菌のコントロールと、十分な顎の骨の確保です。これらのポイントを理解している歯科を探すことが大事です。

もっと詳しく

噛み合わせを調整する

歯型

毎食後の歯磨きを欠かさず行なっても、歯の不調を感じてしまうことがあります。放置していても、自然と改善されることは少ないので治療を行ないましょう。歯科では小児から成人まで、幅広い利用者に対応できるような治療を提供しています。その内容も予防歯科にはじまり、歯周病治療やホワイトニングに至るまで、ありとあらゆる診療科目となっています。

歯を治療するということは、体全体の健康にも影響してきます。歯の歪みや抜歯でバランスが崩れると、噛み合わせが悪くなります。どちらか一方の歯で食べ物を噛む癖がでてくると、さらに悪化して肩こりや腰痛なで、他の部位に影響が及んでしまいます。見えない部分にまで歯の健康が関わっているので、しっかりと治療することが大事になってきます。また、咀嚼を行なうことで、脳に伝達を行なっており、これが不足すると痴呆が進んでしまうと考えられています。そのため、高齢者の口内環境はしっかりと整えてあげましょう。入れ歯を装着している場合は、定期的に調整してズレがないようにしましょう。また、差し歯や部分用入れ歯は金属が劣化しやすく酸化して歯茎に色素沈着を起こすこともあるので、検診時に診てもらいましょう。

歯科ではセカンドオピニオンの相談に対応しています。他の歯科での治療で満足できない、そのような場合は紹介状を書いてもらい、別のクリニックで治療や検診を受けることも可能です。またクリニックによって設備や使う機器も違うので、最先端の治療を行ないたい時もセカンドオピニオンをして、違う歯科を訪ねることも大事です。

より自然な歯を作る

白い歯

町田の歯科に通う際は、インプラント治療にも対応しているか確認してみましょう。歯を自然に再生させたい場合は、差し歯や入れ歯よりも人工歯の方が自然な仕上りとなるのでオススメです。

もっと詳しく