歯の不調には歯科の受診が大事|セカンドオピニオンにも対応

歯科

個人に合った治療プラン

歯科

歯の痛みや噛み合わせの違和感は、放置しても治ることが無いので豊中の歯医者を訪ねて治療を行ないましょう。豊中の歯医者ではまず、カウンセリングを行なってからレントゲンの撮影に入っていきます。カウンセリングでは患者本人が感じている違和感や痛みについて問診していきます。その症状を元に医師が口内をチェックしていきます。目視した後はレントゲン撮影でミクロな部分まで確認をしていきます。豊中の歯医者では、デジタルパノラマX線装置を導入しているので、患者に負担の無い最先端な撮影が可能となっています。従来のレントゲン撮影よりも被爆量が少ないシステムとなっており、より快適な撮影が行なえるのです。撮影した画像を元に今度は、3Dアニメーション化して患者に理解しやすい映像を作っていきます。この映像では、虫歯や歯周病による変化を分かりやすく再現して、治療による効果や変化も再現していくことができます。

豊中の歯医者では口腔内写真の撮影もしっかりと行ない、患者と共に確認していきます。歯茎の色や腫れ、歯の状態全てを記録に残していくことで、治療後との変化を分かりやすくしていきます。言葉や文字での説明だけでは、分かりずらい治療内容も写真を使って説明することで患者自身に納得してもらえるように行ないます。

豊中の歯医者での検診が久々だという方には、歯周病ポケットの検査をオススメしています。歯周病リスクを調べ、早期発見で健康な口内環境を維持するためです。また、詰め物に異常が無いか同時に検査していきます。